ニュース

2019.01.22
1/26〜2/17|使い勝手◎! 色々集めたい砥部焼の豆皿祭

こんにちは。

砥部焼コーナーから、イベントのお知らせです。
夏に実施してかなり好評いただいた「蕎麦猪口祭」に続き、
今回は「豆皿祭」を開催いたします!

 

◆砥部焼とは・・・

約240年の歴史を誇る四国最大の焼きもの産地・愛媛県砥部町(とべちょう)で、地元の陶石原料を生かして作られているのが砥部焼です。 青みがかかった滑らかな白磁に、「呉須(ごす)」と呼ばれる藍色で描かれた手書き模様が特徴で、茶碗や湯飲み、蕎麦猪口など、素朴でぬくもりの感じられる実用的な暮らしの器、普段使いの器として広く愛されています。 躍動感あふれる唐草紋や、すらりとした曲線が特徴のナズナ紋、太陽と蔓を象った太陽紋など伝統的な砥部焼の意匠に加え、若手作家や女性作家による新しい色使いや柄、作品も数多く登場しています。


砥部焼 豆皿祭@シン・エヒメ

期間:2019年1月26日(土)〜2月17日(日)

今回ご用意したのは、10窯元約80種類の豆皿や小皿!
手のひらにすっぽりと収まるサイズ感、美しい絵柄や模様。
窯元によって個性があるのも面白いですね。


毎日の食卓で何かと活躍する砥部焼の「豆皿」が一堂に揃います。
ぜひこの機会に「シン・エヒメ」にお立ち寄りください♫